アパート管理、マンション管理変更の日本AMサービス

賃貸管理,アパート管理,マンション管理会社変更で賃貸経営を改善

簡易的な作業が収支を決める

簡易的な作業が収支を決める

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
本日は先日空室になったお部屋での作業です。

まずはユニットバスの水栓交換です。
既存のものは水の加減で湯温を調整するもので
入居者の方からすると不便です。
交換前

混合水栓にする事でそうした見えない便利が
快適になります。
交換後

続いてトイレのロータンク用フロートバルブの
交換です。
退去した時に以外と多いのですが、
トイレの水がほんの少しですが、止まっていない
事があります。
交換前

これで完全に漏れが解消されました。
交換後

2つの作業で概ね30分位です。

日本AMサービスでは材料代のみ頂き
作業代はすべて月額で頂く管理費に含まれています。
(材料は安くホームセンターで仕入れるので原価です。)

多くの管理会社がそうなのですが、こうした作業を
別途請求、別業者へ依頼している場合があります。

もし外部を依頼するとなると
水栓 材料15,000円 作業代15,000円
トイレ 材料1,000円 作業代8,000円

合計で39,000円(税別)請求されてしまいます。

つまり日本AMサービスと比較すると
作業代で23,000円(税別)の部分が経費削減できるわけです。

賃料から考えると非常に大きいですよね。

こうした事が年に何度も起これば、
経費は非常にかさみます。

賃貸経営は経費との戦いです。

日本AMサービスはどの管理会社よりも
お客様の経費に敏感でありたいと考えております。

コメント



認証コード7726

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional