アパート管理、マンション管理変更の日本AMサービス

賃貸管理,アパート管理,マンション管理会社変更で賃貸経営を改善

原状回復費用の相場

原状回復費用の相場

東京ルール等により原状回復の入居者原状回復工事負担分は故意過失以外は入居者に
請求できないのが一般的となっておりました。
そのため賃貸経営者としていかに原状回復費用を削減するかが、悩むところです。

多くの方があまり手を加えずに募集を行ったり自主管理を行う方は独自で清掃等を行い
募集を行っているケースも多く見受けます。

現状のマーケットで賃借人さんは数ある物件の中で物件を選ぶので、
中途半端な状態では選ばれることがないです。

よっぽどのことがない限りしっかり原状回復工事を行い、募集活動を行う事が需要となります。

原状回復工事を行う場合、概ねの費用はワンルームの場合、10万円前後になります。
この中に壁紙やクッションフロアーの張替、クリーニングが含まれます。

これに+αでエアコン~10万円、給湯器~10万円が相場になります。
原状回復費は賃料に対してどれくらいの金額で工事ができるかも重要な要素となります。

賃料が3万円の物件で10万円をかけてしまった場合、3ヶ月間フリーレントを行うのと
同じ結果になってしまい、他に募集方法を考える事も可能です。

また空室が複数ある場合、すべてのお部屋をすぐに原状回復工事を行うのではなく、
収入とのバランスを見ながらタイミングを見て原状回復工事を行うと収支が不安定になりません。

合わせて原状回復工事に費やす期間、施工能力等を見極める事も重要です。

auto-rWrU5x[1]

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional